故人と最後の時をゆっくり過ごしたいなら家族葬がベスト

住宅事情に合わせた仏具

お年寄り

住宅事情から大きな仏壇を置けないという家庭でも、ミニ仏壇なら大丈夫です。これならスペースも取りませんし、しかもリーズナブルなので費用も最低限ですみます。しかもミニ仏壇は洋室にも十分溶け込むデザインなうえ、持ち運びや設置が楽なので引越しや模様替えの時も邪魔になりません。

遺品に関わるお手伝い

ダンボール

名古屋には遺品整理サービスを行う業者があり、困っている遺族のために一緒に作業を行ってくれます。遺族が高齢だったり少人数の場合であると、遺品整理が大きな負担になってしまうこともあります。そのようなときに力になってくれるのが遺品整理サービスであり、短時間で効率のいい作業を行ってくれます。

親しい人だけで送る

メンズ

家族葬は、千葉でとても人気のある葬儀スタイルです。故人の家族、親族などの身内だけの参列で、葬儀が行われます。参列者に気を使うこともないので、比較的、時間をかけて故人とお別れできます。ただ故人と親しかった人には、ちゃんと家族葬の旨を伝える必要があります。

葬儀社選びのポイント

ろうそくと線香

追加費用確認の大切さ

一般的な葬儀よりも費用を抑えられるという理由で人気の家族葬ですが、葬儀社を選ぶ際に注意しておかなければいけない点があります。まず理解しておかなければいけないのは、葬儀社が提示している料金は必ずしもすべての葬儀費用ではないということです。低料金を売りにしている葬儀社の家族葬プランは、飲食代やサービス料が含まれていないことが多いので、追加でかかる費用について事前に確認しておくことが大切です。例えば、ドライアイス代が料金プランに含まれていても、それはドライアイス1日分の料金で後から残り2日分請求されるというケースもあります。総費用について確認をとらず葬儀準備をすべて葬儀社に任せてしまうと、自分が考えていた以上の費用を請求されることもあるので気をつけましょう。

サイトを賢く利用する

家族葬を行う際、どの葬儀社に依頼するか迷ってしまったら、まず葬儀社比較サイトを利用するのがおすすめです。比較サイトの利用には、家族葬の相場が把握できたり、一括で葬儀費用の見積もりをとれるというメリットがあります。また、葬儀社の口コミサイトを利用すれば、実際に家族葬を行った人の意見を知ることができて便利です。口コミサイトで複数の意見を参考にすれば、より良心的な葬儀社を見つけることが可能です。ある程度葬儀社の候補が出揃ったら、実際に電話をかけて相談してみましょう。質問に対して丁寧に答えてくれるか、契約を急かさないかなどの対応をここでチェックしておくと良いです。電話で良対応だった葬儀社の担当者に会って、人格を確かめたうえで依頼先を決めましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加