住宅事情に合わせた仏具|故人と最後の時をゆっくり過ごしたいなら家族葬がベスト

故人と最後の時をゆっくり過ごしたいなら家族葬がベスト

住宅事情に合わせた仏具

お年寄り

コンパクトさが魅力

日本人には古くから、先祖を大切にする習慣があります。その一つが仏壇を祀る文化で、昭和頃には各家庭にひとつはこれが設置してありました。ただ時代の移り変わりと共に、この仏壇の文化も様変わりしつつあります。実は現代の住宅事情や家族の生活スタイルの変化から、自宅に仏壇を置かない家庭も増えています。設置するスペースや祀る人間がいないというのがその主な理由です。しかし長年守り続けていた文化だけに、このまま無くしてしまうのはもったいないことといえるでしょう。最近はこんな事情を汲んで、小さなサイズのミニ仏壇も作られています。これは通常のサイズより大幅に小さくしてあるので、設置場所で困るようなことがありません。これなら、たとえマンションやアパートに住んでいても邪魔になることがありません。しかも費用もとてもリーズナブルとあって、仏壇購入の際にこちらのタイプを選択するケースが増えています。

小さくても機能は同じ

ミニ仏壇の大きさにいくつかバリエーションがありますが、どれも仏像や位牌を置くスペースを最低限とっているだけとなっています。そのため、タンスや本棚の上に無理なく設置することも可能です。しかもミニ仏壇は従来のデザインを周到した物以外にも、モダンな洋風の作りの物も販売されています。これは和室が少なくなった現代の住宅にも、十分溶け込むデザインです。それにコンパクトさゆえに、持ち運ぶのにも苦労しません。これは、部屋の模様替えの時や引っ越しの時に重宝するポイントになるでしょう。こうして形やサイズが変わったからといっても、機能的に従来品に劣ることもありません。祀り方が変わらなければ仏壇は十分その機能を果たしてくれますから、こんな感じで機能重視で選ぶというのもお勧めです。

このエントリーをはてなブックマークに追加