親しい人だけで送る|故人と最後の時をゆっくり過ごしたいなら家族葬がベスト

故人と最後の時をゆっくり過ごしたいなら家族葬がベスト

親しい人だけで送る

メンズ

遺族に嬉しいメリット

大切な人が亡くなった時に、葬儀を行う事で気持ちに区切りをつけて、故人の冥福を祈ります。一般的に葬儀は、故人の親戚、家族、同僚、友人などが参列して行われるイメージがあります。実は、千葉県では新しい葬儀の形態として家族葬が定着しています。家族葬とは、故人の家族、親戚など身内だけで行う葬儀のことです。千葉で人気を集める理由は、遺族にとって色々と利点があるからです。まず、葬儀を準備するのは、ほとんど家族などの身内だけであることです。したがって、弔問客への対応もなく、それほど気を使う必要もないです。それと、葬儀というと仏教形式で行われるのが通例ですが、家族葬では無宗教で自由に行えます。なので、周りを気にせず、故人の好きな音楽を流す、ゆっくりと親族同士で話すことも可能です。形式にとらわれず、故人とゆっくりとお別れできるので、非常に千葉では好評です。

家族葬で気をつけること

家族葬は、親族や家族などの近親者のみで行われる葬儀です。遺族にとって負担がないので、千葉ではとても人気です。ただ故人と親しかった人から、葬儀を知らせてくれなかったと責められるトラブルも多いです。このようなトラブルを防ぐには、事前に故人の勤務先、親友などに報告することが大事です。その際に、葬儀は近親者のみで執り行うことを丁寧に説明する必要があります。また、知らされた人は、香典や弔電を送ったほうがいいか悩むことが多いです。そのため、ついでに香典・供花・供物などもきちんと断る事が大事です。弔電だけでも送りたいと希望された場合、無下に断らずに葬儀の時間と場所を伝えればいいです。事前にきちんと話し合う事で、生前親しかった人とのトラブルを防げます。

このエントリーをはてなブックマークに追加